髪の主成分アミノ酸

髪の毛を燃やすと硫黄のような匂いがしますが、毛髪の主成分であるタンパク質はいくつものアミノ酸から構成されており、その中でもっとも多いのが硫黄を含む含流アミノ酸です。

特に硫黄の匂いを発するシスチンやメチニオンを含むタンパク質は食事から摂取する必要があります。

食事の際に気をつけたいのは脂質をとりすぎると薄毛につながる原因となること。これは肉類をとりすぎると皮脂腺を刺激され血液のホルモンが過剰に毛髪へ取り込まれてしまい毛根が衰えてしまうからです。

:含流アミノ酸

穀類、豆類など、植物性食品の中にふんだんに含まれている。
特に大豆は「畑の肉」と呼ばれているほど含流アミノ酸をはじめ多くのアミノ酸を含んでいる良質なタンパク質。

:動物性タンパク質

肉、魚など動物性タンパク質。
タンパク質の補給として欠かせない栄養分だがとりすぎると皮脂線を刺激してしまう。

肉好きな人は肉をたべる頻度減らして植物性タンパク質をとるようにするなど工夫は必要です。

スカルプD

当サイトおススメ度No.1! ヘアメディカル・スカルプD

発毛治療専門病院から誕生したリピーター続出の薬用ヘアケアシャンプーです。楽天では2年連続年間ランキング総合1位を達成!!

開発元の頭髪治療専門クリニック(東京・名古屋・大阪・福岡)では専門スタッフによる抜け毛・薄毛の無料カウンセリングも行っています。

>カテゴリTOP 育毛・発毛のための生活習慣

>>不摂生の生活改善

>>髪の主成分アミノ酸

>>ビタミンEの摂取

>>海の食物を多めにとる

>>軽い運動で血行をよくする。

>TOPへ戻る

カテゴリ

育毛・発毛のための毛髪の知識

育毛・発毛のための頭皮の知識

育毛・発毛のための生活習慣

薄毛の知識

育毛・発毛のためのヘアケアー