ホルモンと毛髪について

男性のハゲ、若ハゲで多く報告されているのが男性型禿髪症(アンゲドロン性禿髪症)と言われる症状です。

この症状はアンドロゲンという男性ホルモンの過剰分泌によって髪の毛の成長が押さえられることによりハゲが進行していく症状です。

アンドロゲンは男性の睾丸と副臓というホルモン分泌腺から出ています。
20歳以下にハゲ頭が少ないのは、まだ性線ホルモンが未発達であるからです。成人してからはアンドロゲンは活発に生産されるので分泌量のおおい男性の中からハゲになってしまう人が出てくることになります。

余談ですが、昔の中国では「宦官」と言われる男性器を摘出した身分の人達がいましたが、彼らのほとんどの人は禿げる事はなかったと記録されているそうです。

男性ホルモンが過剰に分泌されるとアンドロゲンが5α-酵素により還元作用を受けます。その結果、テストロンという形へ変化し、このテストロンは胸毛、陰毛へ影響を及ぼします。

テストロンは毛の根元の脂線も刺激し分泌を活発にさせるので髪の毛は休止期に入ってしまいます。この脂肪線が肥大してくると、その部分を通し男性ホルモンが吸収されるため髪の成長をためてしまう結果となります。

スカルプD

当サイトおススメ度No.1! ヘアメディカル・スカルプD

発毛治療専門病院から誕生したリピーター続出の薬用ヘアケアシャンプーです。楽天では2年連続年間ランキング総合1位を達成!!

開発元の頭髪治療専門クリニック(東京・名古屋・大阪・福岡)では専門スタッフによる抜け毛・薄毛の無料カウンセリングも行っています。

>カテゴリTOP 薄毛の知識

>>抜け毛の知識

>>薄毛とは

>>皮膚(頭皮)の病気

>>食生活

>>薄毛の種類

>>ホルモンと毛髪について

>TOPへ戻る

カテゴリ

育毛・発毛のための毛髪の知識

育毛・発毛のための頭皮の知識

育毛・発毛のための生活習慣

薄毛の知識

育毛・発毛のためのヘアケアー