皮膚(頭皮)の病気

頭皮の病気となる原因として多いケースは細菌が毛の根元にはいり感染を起こす毛嚢炎(もうのうえん)と呼ばれる症状です。

この毛嚢炎(もうのうえん)は毛の根元に細菌が入り込み感染、そしてカビなどが発生。
その結果、頭髪が抜けやすくなってしまいます。

もっとも、やっかいなのは治療し完治したあとも髪の毛が抜けやすくなることです。
抜ける度合いには個人差がありますが、頭皮の一部が露出する、前頭部の頭髪が抜け落ちるなど症状も深刻です。

毛嚢炎(もうのうえん)を防ぐには常日頃から頭皮、髪の毛を清潔にしておく事です。
特に頭髪を不潔にしたり、フケが出やすい体質、脂分泌のおおい体質の人は汚れが付着しやすく細菌が発生しやすいので対策としてマメに洗髪しましょう。

この症状とは別に特発性禿頭症という若い男女に起こる病気もあります。

症状が進行すると頭部全体が禿げ上がり髪の毛の大半が抜け落ちてしまいます。さらに症状が悪化すると頭部以外の体毛やマツ毛なども抜けて落ち、原因のひとつとしては過度のダイエットによる栄養失調などがあげられます。

スカルプD

当サイトおススメ度No.1! ヘアメディカル・スカルプD

発毛治療専門病院から誕生したリピーター続出の薬用ヘアケアシャンプーです。楽天では2年連続年間ランキング総合1位を達成!!

開発元の頭髪治療専門クリニック(東京・名古屋・大阪・福岡)では専門スタッフによる抜け毛・薄毛の無料カウンセリングも行っています。

>カテゴリTOP 薄毛の知識

>>抜け毛の知識

>>薄毛とは

>>皮膚(頭皮)の病気

>>食生活

>>薄毛の種類

>>ホルモンと毛髪について

>TOPへ戻る

カテゴリ

育毛・発毛のための毛髪の知識

育毛・発毛のための頭皮の知識

育毛・発毛のための生活習慣

薄毛の知識

育毛・発毛のためのヘアケアー